共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

杜仲茶(とちゅうちゃ)の3つのダイエット効果&効能!そして病気予防の健康茶でもある!


杜仲茶の語源は中国にある「トチュウ」と呼ばれる落葉高木の葉っぱを原料に作られた事にあります。
このトチュウの木の皮もまた、漢方薬の原料として使われるほどの健康効果がある樹木なのです。

 

 

 

杜仲茶を飲む事で摂取出来る成分
  1. カルシウム
  2. マグネシウム
  3. 亜鉛
  4. カリウム
  5. ゲニポシド酸
  6. アスペルロシド
  7. ビタミンB1、B2、B6
  8. ビタミンC

 

杜仲茶がダイエット茶と言われている事は杜仲茶を飲むことで分泌が促されるアディポネクチンが、コレステロールや中性脂肪の値を下げるための働きがある事が1つと、脂肪の消化や吸収機能を高める「胆汁酸」と呼ばれる消化液がありますが、杜仲茶にはこの胆汁酸の分泌を促進する働きがあるのです!

 

 

 

そして最後は杜仲茶に含まれる「ゲニポシド酸」がダイエット茶と言われる大きな決めてです!

 

 

杜仲茶がダイエット茶と言われる3つの効果効能
アディポネクチンが、コレステロールや中性脂肪の値を下げる
脂肪の消化や吸収機能を高める胆汁酸の分泌を促進する働き
コレステロール値を現象させたり、肥満を防ぐゲニポシド酸が多く配合

 

 

 

 

 

ゲニポシド酸が決めて!ダイエットだけでなく病気予防の効果も!


この杜仲茶に含まれる成分の中でもゲニポシド酸はコレステロール値を現象させたり、肥満を防ぐ効果があります。
杜仲茶がダイエットが出来るノンカフェイン茶として有名になったのはこのゲニポシド酸が多く含まれているからです!

 

 

 

 

また、高血圧を予防する効果もある為に、ダイエット茶としてではなく、病気予防の健康茶としても継続的に飲む人も多いですね!
ゲニポシド酸は副交感神経を高める作用がある為に血管の筋肉を緩めて血管を広げる働きを促進させてくれます。
この作用により、血圧が上がるのを防ぐ事が出来ると言われています。

 

 

 

 

 

 

杜仲茶には他にも様々な効果効能がある!


杜仲茶にはゲニポシド酸によるダイエット作用や病気予防作用が有名ですが、その他にも高い利尿作用によって肝臓や腎臓の働きを促進させる作用(デトックス作用)や、杜仲茶の作用の1つの「アディポネクチン」ホルモンの分泌を促進させる作用により血糖値の大きな上昇を抑える効果も期待出来ます。

 

 

 

そしてノンカフェイン茶の為に家族で実践も出来るでしょう!おじいちゃんは健康茶として、お母さんはダイエット茶としてそれぞれ目的別に実践できるのがノンカフェイン茶の良いところですね!もちろん、子供も実践可能です!

ノンカフェイン茶を家族で実践する事については別途「ノンカフェイン茶は家族で実践出来るメリットがある!」で紹介していますので参考にしてください。

 

 

 

ダイエット茶や健康茶として杜仲茶は今後、益々人気のノンカフェイン茶になるでしょう!


共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ダイエット茶ランキング
カフェイン有!ダイエット茶ランキング
ノンカフェイン!ダイエット茶ランキング
プーアル茶ランキング
ごぼう茶ランキング
なた豆茶ランキング

スポンサードサーチ

TOPへ